05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10/25(Mon)

映画三昧の週末でした。

この週末、
ちょー久々にDVDレンタルしてきましたぃ。

昔はよく映画観てたのに、最近はレンタルしてまで観ないというか毎月の映画会で満足しちゃってるというか。
そんなんだったので、ふと思い立って久々に観てみようと3本借りてきましたの。

なんとなくサンドラ・ブロックが見たかったので
「しあわせの隠れ場所」「あなたは私のムコになる」
ケイト・ウィンスレットので以前から観たかった「愛を読むひと」
↑結果的にアカデミー主演女優賞を獲った作品チョイスになっとりました。
↑念のため補足しますと「しあわせの~」は2009年、「愛を読むひと」は2008年の受賞でし。


とりあえず軽~いところからってことでサンドラの「あなたは私のムコになる」を観てみました。
あなたは私のムコになる!

ん。軽かった(・∀・)

なんともサクっとした食感かつライト感覚の特に何かが残るわけではないポップい内容でしたが、
やっぱ家族の話が出てくると涙ほろりとするのは寄る年波(Å‐゚)
主演がサンドラだし、アメリカ受けしそうな映画であることは確か☆


ほいで今日はケイトの「愛を読むひと」(原題:THE READER)を観ました。
愛を読むひと

お・・、重い・・・・

取り扱ってる内容が内容ですからやっぱりどうにも重くなるんですけどもね
それにしたってやっぱりヘヴィだ...

原作の『朗読者』は、本国ドイツでは教科書にまで取り上げられる大ベストセラーなんだそうな。
ケイト自身、かなりこの役には心身ともに苦労があったようで「これまで演じてきた役柄以上に感情的にとてもきつかった」と。
そんなふうに、彼女が全力全気力全精力かけて注いで表現したハンナ。
押し付けがましくなく、でも訴える力とあらゆる感情の迫真を感じました。
ケイト、すごいなぁ。。
うー、おかげで見てる私も疲れた。
それだけ真剣に見入りましたぉ。
観てよかったです。

ちなみにケイト出演作で一番好きなのは「いつか晴れた日に」(原題:Sense & Sencibility,'95年)でし。
いつか晴れた日に
(↑ケイトが初めてアカデミー賞に助演女優賞でノミネートされた作品)

ついでの蛇足ですけども、最近観てあまりに面白くなさ過ぎた「食べて祈って恋をして」のジュリア・ロバーツ出演作で私的お気に入りは、遠い昔の「マグノリアの花たち」('89年)でし。
(と、芋づる式に思い出した)
マグノリアの花たち

懐かしーぃ。(・∀・)


あと1本「しあわせの~」はまた次週末に観よっ。
そちらはキャシー・ベイツも出てるので楽しみだわさv


さーて、なんだかんだと2時半。
さすがに寝なきゃ・・
あと6時間後にはシゴト開始だよ・・(←と自分で言ってみてブルー)

おやすみなぱい(ρд-)zZZ


02:45  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。